街はクリスマスソングやイルミネーションで溢れていますね。

幸せな空気に包まれおります。


さて、サンタクロースといえば、真っ赤なお鼻で、小太りに白いお髭で赤いお洋服がイメージ
されてますよね。所変わって、イギリス。『father christmas』と言って緑色の服を着ています。
ドイツでは、良い子にサンタがプレゼントを、悪い子には黒サンタがお仕置きをすると信じられて
います。
オーストラリアでは、季節が日本と逆なので、水着のサンタがやってくるそうです。
赤いお洋服のサンタさんは、世界共通ではなかったのですね。

さて、アメリカです。イメージを統一した国は、コカコーラ社のイラストに描かれた赤い服、
白髭のサンタクロースがきっかけとなっています。
しかしながら、クリスマスはキリスト教の行事です。米国にはユダヤ教やイスラム教など、クリスマス
を祝わない宗教もあるため、道行く人々に “Merry Christmas” は禁句だそうです。
相手の宗教や信仰を尊重する意味を込めて “Merry Chirstmas” は使用せずに、代わりに
“Happy Holidays(良い休暇を)” という言葉が使われることが一般的だそうです。

日本では、あまり意識する事はありませんが、クリスマスの時期に海外の方とやりとりする際には、
相手の信仰に気を配って失礼のないようにしたいものです。

P1011568

それでは、誰かが誰かのサンタクロースにられますように!!