▼水難除けを祈願し、上半期のケガレをはらう、〈夏越の祓〉2016

今日で、2016シーズンの上半期も終了ですね。6月最後の日は、上半期の無事を感謝し、
半年分のケガレをはらう日ですよね。
皆さまにとってどんな、2016シーズンの上半期でしたでしょうか??
今日は、下半期のケガレをはらう「年越しの祓」と並ぶ重要な日です。茅の輪くぐりとった
〈夏越の祓〉行事を行っている神社やお守りなど、授与物を飾るとよいとされています。
また、季節のお花や和菓子を添えるとBESTですね。

水の神様として知られる京都・貴船神社の絵馬には「水守り」、雨や湿気の害を避けたいという
思いを込めるといわれております。
また、東京・富岡八幡宮の「夏越の祓」で授かったお守りは、お花は「黒百合」、黒は邪気を払う色。

ASAMANA・小林農園浅間サンライン直売店では、まだ梅雨明けをしておりませんが、
「つりしのぶ」を飾りました。

P1010077【つりしのぶ】
◎江戸風??の「つりしのぶ」を飾ってみました。
グリーンの風鈴で、夏の準備です。
ご自宅であれば「朝顔」があればステキですよね。
風鈴にもしっかり理由(わけ)があり、魔の侵入を家から守る意味が
あるそうです。
その音色が聞こえる範囲は災いが起こらないと、信じられてきました。
できれば、魔除け・病除けには赤い風鈴がBESTです。



ケガレをはらい、気持ちも新たに、2016シーズンを元気に駆け抜けましょう!!