明日2月から、プロ野球12球団は、一斉にそれぞれのキャンプ地でキャンプイン。各選手もきっと「さあ今年のもやるぞ」という身も心も引き締まり個々の目標とチームの優勝に向けて始動することでしょう。

さて、小林農園育苗センターでは、昨日主にアブラナ科のアブラナ属のキャベツ、グリーンボール(ボール型のキャベツ)、ブロッコリー、そして玉レタスの種蒔きを行いました。まさに文字通り蒔く時が来た。そんな感じでした。
手のひら手のひらに載せてある画像は、グリーンボールの種です。アブラナ科のアブラナ属の種は、茶色の種です。よって、キャベツ、グリーンボール、ブロッコリーそして、カリフラワーの種も同じ茶色です。



ハウス

そのから、種を蒔いた後の写真です。苗箱の下に電熱線がひいてあり、
その上にシートをかぶせ、約28℃の温度で苗が成長するのを待ちます。






ポット
その後、ポットの鉢に2月下旬頃、成長した苗を移植致します。 




因みに今日の軽井沢の気温は、爆弾寒波の冬将軍到来で、最低気温-14℃、最高気温-2℃でした。
小林農園育苗センターのスタッフもまさにキャンプインをした気分でした。