ASAMANA manager's-blog

旬のフルーツリレー便

信州、浅間山麓産の山菜の王者「タラの芽」好評販売中!!


Since  1973  ASAMANA

【山菜・タラの芽】産地:信州・浅間山麓産
76BEC3F1-19F9-44B3-85BA-3F61FF8A0B3C








♦春を呼ぶ山菜の中でも、香りが高くかすかな苦みと甘みを持つ味わいは、王様に
よぶにふさわしい一品です。
天然もの(写真上)は、4~6月が〝旬〝ですが、促成栽培ものは、1月から店頭
に並びますね。
太くてみずみずしいものが良品で、寒い地方のものが美・味・し・いとされております。
信州は最適地ですよね。
やっぱり、天然ものの信州産は、おススメ です。

◎タラの芽の保存方法・・乾燥に弱いので、気を付けて下さいませ。保存するときは穴のあけたポリ袋に入れるか、新聞紙に包んで冷暗所に保存して下さい。
3~7日はもちますが、気温が高いと腐りやすので、なるべく早くお召し上がり下さいませ。
*なお、霜を浴びると芽が、真っ黒になりますので、ご注意願います。

IMG_1357IMG_1363











◎価格 1パック 約100g ¥280-  です。
セット発送になりますと、1パック×10=¥2800- +箱代 ¥60- 
合計=¥2860-
 です。

IMG_1370











全国発送も承っております。(送料は別途必要になります)
送料は、⇒⇒⇒こちら  です。*なお、箱のサイズの規格は 80サイズ となります。
送料は例えば、東京圏(クール代込)¥1025- 大阪圏(クール代込)¥1140-
中国地方(クール代込)¥1370- などとなっております。

詳細は、配送会社 ヤマト運輸 送料一覧表をご覧下さいませ。

ASAMANA 【公式】アカウント
Instagram


また、当園では野菜苗育苗センター兼販売センター特設会場にて
春・夏向けの野菜&果樹の苗木を好評販売中!です。
⇓⇓⇓ 2020  05.01 にドローンで撮影しました。
ハウス25棟と浅間山 です。

 

th[2]

Since 1973  ASAMANA

お問い合わせ先
ASAMANA・小林農園浅間サンライン直売店
TEL  0267-24-1483 open 9:00~17:00

ASAMANA・小林農園野菜苗育苗センター兼販売センター特設会場
TEL 0267-23-5991 open 8:30~18:00
WWW: http://asamana-farm.com/


ソーシャル・ディスタンスを保とう♪信州・小諸にも春がやって来た♪


Since  1973  ASAMANA

【信州・小諸市】わが街にも「春」がやってきた♪♪♪
IMG_0904春











ソーシャル・ディスタンスを保とう!!3密を避けよう!!なんとも言えない、令和2年の特殊な「ひとりお花見」をしてきました。

令和2年の1~2月は本当に暖冬でしたので、5~6月の新緑は、本当に残念ではありますが汚いかも知れません。令和2年COVID-19 収束にむけて皆さん頑張りましょう!!

IMG_0882IMG_0873












ASAMANA【公式】アカウント
Instagram

ASAMANA・小林農園育苗センター兼
野菜苗販売特設センターの開園は、4/18(土)
からとなっております。


 Since 1973  ASAMANA

お問い合わせ先 ASAMANA・小林農園浅間サンライン直売店
TEL  0267-24-1483 open 9:00~17:00 (定休日:水曜日)
WWW: http://asamana-farm.com/ 

 

暑さ寒さも彼岸まで、20日は「春分の日」です。


Since  1973  ASAMANA

【春の彼岸・春分の日】
 菊






 ♦春分の日を挟む七日間が「春の彼岸」。旧暦のころだと2月ですよね。ぼた餅や五目ずしを食べます。
五目ずしって精進ずしじゃなきゃいけない。これを近所に配ったりします。

彼岸になるとたいがいは、ぼた餅を出しますね。秋はおはぎ、萩の餅。春になると牡丹のぼた餅です。

以前は、冬にぼた餅がありました。お砂糖が上にぱらぱらってまいてある「北窓」というお菓子。
残念ながら和菓子屋さんはどこもやっていませんね。

冬に「北窓」。春に「ぼた餅」、本来であればこうやって食べたいものです。

「ぼた餅」は日蓮上人が処刑されるようになったとき、老婆が最後まで日蓮になにか食べさせないと言うたんだけど、あんを煮る時間がなかったころから糯米とうるち米を五分づきにしたものにゴマをまぶして食べさせたそうです。
日蓮は佐渡に流されたけど、処刑はされませんでした。

それ以来、災難をよけるということで、「御難餅(ごなんもち)」とか「難よけ餅」という言い方もされるそうです。
小豆は、赤ですね。赤というのは、厄除け、魔よけなんですよね。邪気を払うって。。
これが、「ぼた餅」を春の彼岸に食べる由来とされています。


ASAMANA 【公式】アカウント
Instagram
⇓⇓⇓



わが街・小諸市の「アンブレラスカイ」です

★さてさて、小職は、今日は「五目ずし」を作ってみたいと思います。

フルーツやその他に関するご質問等は、ご遠慮なくお問い合わせ下さいませ。

旬の柑橘「清見」などの詳細は、⇒⇒⇒こちら です。
旬の柑橘「日向夏」などは、⇒⇒⇒こちら です。

また、信州・最高峰の「アルプス長芋」は、⇒⇒⇒こちら です。

Since  1973  ASAMANA

ASAMANA・小林農園浅間サンライン直売店
TEL  0267-24-1483  open 9:00~17:00 (水曜日 定休)
WWW: http://asamana-farm.com/

th[2] 

2020春の彼岸入り、〈牡丹餅〉です。


Since  1973  ASAMANA

【春の彼岸入り】
牡丹餅











 ♦春分の日を挟む七日間が「春の彼岸」。旧暦のころだと2月ですよね。ぼた餅や五目ずしを食べます。
五目ずしって精進ずしじゃなきゃいけない。これを近所に配ったりします。

彼岸になるとたいがいは、ぼた餅を出しますね。秋はおはぎ、萩の餅。春になると牡丹のぼた餅です。

以前は、冬にぼた餅がありました。お砂糖が上にぱらぱらってまいてある「北窓」というお菓子。
残念ながら和菓子屋さんはどこもやっていませんね。

冬に「北窓」。春に「ぼた餅」、本来であればこうやって食べたいものです。

「ぼた餅」は日蓮上人が処刑されるようになったとき、老婆が最後まで日蓮になにか食べさせないと言うたんだけど、あんを煮る時間がなかったころから糯米とうるち米を五分づきにしたものにゴマをまぶして食べさせたそうです。
日蓮は佐渡に流されたけど、処刑はされませんでした。

それ以来、災難をよけるということで、「御難餅(ごなんもち)」とか「難よけ餅」という言い方もされるそうです。
小豆は、赤ですね。赤というのは、厄除け、魔よけなんですよね。邪気を払うって。。
これが、「ぼた餅」を春の彼岸に食べる由来とされています。

ASAMANA 【公式】 Instagram アカウント
https://www.instagram.com/asamana_farm/
⇓⇓⇓


th[2]

「暑さ寒さも彼岸まで..」体調管理には十分にご注意下さいませ。

Since  1973  ASAMANA

フルーツやその他に関するご質問等は、ご遠慮なくお問い合わせ下さいませ。

旬の柑橘「清見」などの詳細は、⇒⇒⇒こちら です。
旬の柑橘「日向夏」などは、⇒⇒⇒こちら です。

また、信州・最高峰の「アルプス長芋」は、⇒⇒⇒こちら です。

お問い合わせ先 
ASAMANA・小林農園浅間サンライン直売店
TEL  0267-24-1483  open 9:00~17:00 (定休日 水曜日)
WWW: http://asamana-farm.com/

春は苦みを盛ろう!浅間山麓産「ふきのとう」を見つけました


Since  1973  ASAMANA

【ふきのとう】
ふきのとう
春の使者とも言われる「ふきのとう」
野山や土手で見られます。

ふきのとうの天ぷらは人気メニューですが、作りおきで色々な料理にも。
なかでも、「ふき味噌」がおススメ です。

ご飯もお酒もすすむほろ苦い春の味で、作り方も簡単です。

ふきのとう 2

【ふき味噌の材料】
●ふきのとう・・・7~8個
●味噌・みりん・砂糖・・各大さじ3
●油(またはごま油)・・・適量

ふきの花の若い蕾を食べる山菜で、つぼみは緑色で小さく、
寒さに耐えるように、つぼみの周りに何枚もの葉をみにつけています。
葉を剥くと、中から小さな花をいくつもつけたつぼみがひょっこり
顔を出します。
このつぼみが刺激的な苦味を隠し持っている山菜です。

「春は苦みを盛ろう!!」ですね。

保存食にもなる「ふきのとう味噌」
皆さんもぜひ、お試し下さいませ。

Since  1973  ASAMANA

お問い合わせ先 
ASAMANA・小林農園浅間サンライン直売店
TEL  0267-24-1483
*なお、冬季期間中は当園スタッフ外出しているケースがござます。
お問い合わせフォームよりご連絡下さいませ。
WWW: 
http://asamana-farm.com/


記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

ASAMANAマネージャ...

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ