ASAMANA manager's-blog

旬のフルーツリレー便

2018年05月

野菜苗好評販売中!!特集!真っ赤な果肉はリコピンです「すいか」


ASAMANA・小林農園〝野菜苗〝販売センターでは、春・夏向けの野菜の苗木
を好評販売中!! です。

P1010933今日のお花はベコニア
花言葉は、「片思い」、「愛の告白」、「親切」です。 





そして、今日の野菜の苗木の特集は、農林水産省では果物的野菜と分類されている
「すいか」 です。

【すいか・ブラックボールⅡ】
P1010940






特長・・黒緑色の無地皮で甘~い赤肉に大玉種!!
黒光りした濃緑色の黒皮が印象的な高球形のスイカで、果重7㎏の大玉種です。
糖度は、平均11~12度で安定し、果肉色は鮮紅色です。肉質はかためで、歯ごたえのある
食感をお楽しみいただけます。
草姿は中位よりやや強く、着果も安定していて果ぞろいが良好です。

【すいか・縞高西瓜】
P1010936






第13回日本そ菜原種審査会 銅賞品種!!
スイカの三冠王といわれる品種で、つる性はやや細く、伸長性は更に強くく着果性に優れます。
平均果重は、7~8㎏程度で正円形で、変形果はできにくく、秀品率が高いのも特長です。
肉色は鮮やかな濃桃紅色で、安定した糖度とシャリ味の高さ、舌ざわりは絶品です。肉質劣変
は日持ちは、特に良いといわれるいる品種です。
栽培密度は作型により異なりますが、畦巾250~270cm、株間80~90cmを基準として、
本葉4~5枚で摘芯し、子ヅル4~5本整枝で20節前後の3番花に確実に2番花に着果させる
と完熟果を収穫できます。

【すいか・紅こだま】
P1010942







特長・・小玉スイカの最高品種!!
小玉スイカの人気品種です。果実は高球型で2㎏内外、外皮は3mくらいで極めて薄い品種
です。果肉は明るい紅桃色で、甘みは非常に高く、果肉に種が少ないのが一番の特長です。
成熟日数は、ハウスで40日。4月中頃では37日も最も早い極早生種です。

【すいか・ニューこだま】
P1010948







特長・・鮮緑地に濃緑の縦縞!!色の濃い肉小玉種!
果重は、1.8~2㎏程度の小玉種です。果形は、高球でよく整います。外肉は鮮緑地に濃緑
の細縞が入ります。
生育旺盛で、低温や暑さに強く多収種です。
◎栽培の要点・・ハウスやトンネルの早どり栽培に適しています。
1番果実を確実に着果させ、的確な追肥で2番果の増収を図って下さいませ。

【すいかのコンパニオンプランツと混色プラン】
すいかもほかのウリ科野菜と同様に、つる割病が発生します。つるが水分や養分を運べなく
なるために、葉がしおれ、ひどくなると枯死します。
すいかの植えつけ時にいっしょに長ネギを植え込むと、長ネギの根に共生する細菌が出す
抗生物質により、病原菌が死滅し、すいかは病気にかかりにくくなります。
長ネギは浅根タイプですが、病原菌は地表に近い浅い場所に多く、十分に病気予防に
役立ちます。

◎スイカの栄養効果・・『リコピン』といえば、トマトでおなじみですが、スイカの赤い果肉も同様
です。米国の研究所の報告によると、100gのリコピンの量は、トマトの約1.6倍だそうです。
真夏の抗酸化作用NO.1食材と言っても決して過言ではないですね。 

お問い合わせ先 ASAMANA・小林農園〝野菜苗〝販売センター
TEL 0267-23-5991
WWW: http://asamana-farm.com/

〝旬〝のじゃが芋リレー便!!九州代表五島のポテト「味いちばん」限定販売中!!


今年も始まりました。〝旬〝のじゃが芋列島リレー便。まずは、九州代表です。

Potate
【じゃが芋・味いちばん】産地:長崎県・JA五島
P1010918P1010924
 





◆保存性が高く、1年中値段が安定してことが魅力。デンプン質だけでなくビタミンCを多く含み
フランスでは別名「畑のリンゴ」とも呼ばれています。

◎産地の特徴・・春から初夏にかけてのじゃが芋と言えば、長崎県といってもよいほどの生産高
を誇る。この『味いちばん』は、エコファーマ―認定を受けた生産者によって無農薬栽培で作られる
五島列島の潮風、豊かな自然の中で栽培され、皮が柔らかくて、しかも剥けやすいのが特徴。
この時期採れるものは、みずみずしく香りも高く、ねっとりした食感です。
またエグみの素、グリコアルカロイドの量が少ないのでおいしく召し上げっていただけます。

◎おススメのレシピ・・『皮ごと素揚げ』
じゃが芋4個を洗って水気をきっておきます。これを4等分に切って180度のサラダ油できつね色
になるまで、揚げます。食べるときは、お好みで塩・胡椒をふってくださいませ。

P1010928◎価格 100g  約¥18-  です。







九州を代表する名産地の「じゃが芋」を是非。ご賞味下さいませ。
なお、限定入荷のため全国発送は行っておりません。あらかじめご了承下さいませ。

お問い合わせ先:ASAMANA・小林農園浅間サンライン直売店
TEL 0267-24-1483
WWW: http://asamana-farm.com/

野菜苗好評販売中!!特集!夏の風物詩「とうもろこし」♪


ASAMANA・小林農園〝野菜苗〝販売センターにおいて、春・夏向けの野菜の苗木
を好評販売中!!

P1010902今日のお花  「アジサイ(紫陽花)」 
ピンク色の紫陽花の花言葉は、「元気な女性」 です。





よって最近では、花言葉からも母の日の贈り物には、ピンク色のあじさいを好んで
贈られるそうですね。

さて、今日の野菜の苗木の特集は、煮る♪ 焼く♪ 茹でる♪ 香ばしい食材の
「とうもろこし」です。  

Sweet corn
P1010912P1010908






【とうもろこし・ピーターコーン】
◆特長・・黄色と白色の粒が3:1に混じるバイカラー(2色)で、大きな穂をつけます。
皮がやわらかく甘みにすぐれた品質です。つくりやすく、イエロー系のトウモロコシが主流の
昨今、定番のトウモロコシです。

【とうもろこし・サニーショコラ】
特長・・ショ糖と果糖のコラボレーション♪ 抑制栽培可能な大穂美味なフルーツコーン!!
食味の良さとボリュームを追及した新品種です。長めの穂長で、穂重450~500g前後と
大きく先端稔実にも優れます。穂色は濃く、穂先のしまりもよいため高温期でも露出しにくいです。
粒色は、濃黄色で、加食部も多い品種です。柔らかな粒皮を持ち、甘く強くジューシーな食感を
持ちます。

【トウモロコシのコンパニオンプランツと混植プラン】
トウモロコシ×つるありインゲン
トウモロコシとつるあるインゲンの混植は、昔からアメリカの先住民の間で行われてきた
栽培技術だそうです。
最大のメリットは畑の有効利用です。植え付けたトウモロコシの株間にインゲンを蒔くと
インゲンは発芽後、トウモロコシの茎を支柱代わりに絡みついて伸びていきます。
また、トウモロコシにはアワノメイガ、インゲンにはその近縁のフキノメイガが害虫
としてつきますが、混植するとどちらの被害も抑えられることが知られています。

トウモロコシ×枝豆
枝豆の根には根粒菌がつき、空気中の窒素を取り込んで、土を肥沃にします。
枝豆のそばでトウモロコシと育てると、発達したヒゲ根でこの肥料分を吸収して、
よく生長します。

【食用ほおずき】
P1010915






◆特長・・「ほうずき」の殻が薄茶色に変わる頃、中には鮮やかなオレンジ色の実がついています。
甘い香りと甘酸っぱい味は他にはない感動のおしいさです。
食用ほうずきは、決してリーズナブルの食材ではございません。今年は、チョッと変わったものを
育ててみたい! そんなお客様におススメの苗木です。

お問い合わせ先
ASAMANA・小林農園〝野菜苗〝販売センター
TEL 0267-23-5991
WWW: http://asamana-farm.com/

野菜苗好評販売中!!特集!「パクチー」♪


ASAMANA・小林農園〝野菜苗〝販売センターでは、春・夏向けの野菜の苗木
を好評販売中!!  です。


P1010882 お花「ニチニチソウ」
花言葉は「楽しい思い出」です





P1010884お花「ガーベラ」
花言葉は「希望」「常に前進」 です





P1010887お花「シャクヤク」
花言葉は「恥じらい」「はにかみ」 です。





P1010895お花「サルビア」
花言葉は「尊敬」「知恵」 です。





P10108922016年 その年の日本の世相を反映し象徴する
今年の一皿」に選ばれた食材が
「パクチー」 です。




♦セリ科コエンドロ属に分類される野菜です。英語ではコリアンダー、中国語で香菜
(シャンツァイ)などと呼ばれています。

特有の味と香りがあり、タイ料理、ベトナム料理、中国料理などで広く利用できます。

「今年の一皿」といわず、是非ご自身で育ててみて下さいませ。

ASAMANA・小林農園〝野菜苗〝販売センター
TEL 0267-23-5991
WWW: http://asamana-farm.com/

書評 『鉱物の人類史』

▼書評 『鉱物の人類史』

鉱物の人類史鉱物の人類史

著者 サリーム・H・アリ
訳者 村尾 智
出版社 青土社
発行 2018 03/10






《全米で最大の汚染源はどこの州??》
唐突ですが、皆さんは「鉱業」と聞いて何を思い浮かべますか??ボクはぼんやりとでした。人類史本がとりわけ好きなので、今回は本書をセレクト。小気味よいタッチで金(きん)、ダイヤモンド、石油、ウランetc..と網羅していきます。歴史、科学、化学、開発経済、産業生態学という聞きなれない分野、さらには「幸福論」まで。読者を惹きつけてやまない内容なのです。ただ、非常に残念なのが、使用されているデータが若干古い感があります。

鉱業のあるところ必ず環境への負荷がある。社会は鉱山から得られる利益の代償として、可能な範囲でリスクと向き合わなければなりません

物が溢れかえっていても、それでも人類は「欲望」が絶えません。。本書によればアメリカ人の5%が買い物中毒で、0.7%が薬物中毒だそうだ。果たして人類は「合理的で愚か者」なのでしょうか??資源の枯渇については、驚くべきことに著者は楽観的です。そんな著者はデラウェア大学の環境学教授で、訳者の村尾氏によれば2011年世界経済フォーラムの若きグルーバルリーダーにも選出された人材です。

石油工業の基礎的研究が人工心臓の弁に使うプラスチックを生み出し、携帯電話に欠かせないキャパシターにはニオブが使われています。タイトルからすると地味なイメージの「鉱物」は非常にボク達の現代生活に入り込んでいるのが窺い知れるのです。ボクたちの生活というのは社会心理学者いわく、

生活の質を高めるとエントロピーが増大し、そのエネルギーで消費は成り立っている

と。たとえば、日本人のエピソードも。真珠養殖を可能にした2人。御木本幸吉と農務省技官だった西川藤吉が大規模養殖の先駆け。ミキモト発宝飾業界の変化=すなわち、消費者は人工的に手を加わったものでも楽しむようになってとのこと。また、今後天然の色つきダイヤモンドは1万個に1個しかみつからないため、マケーティング次第では需要大だそうだ。

小職が初めて知ったのが、インドのスーラトという街だ。この場所は南アフリカやシベリアからはるばる宝飾用ダイヤモンドが運ばれてきます。その割合は世界の85%だという。価格計算では60%に相当するそうだ。実はここの商人たちは宝石の色合いを良くする加熱処理の技術を持っているという。著者は、投資は地元の技術と市場をつなぐ部門でなされるべきと力説しております。そういえば、我が国も「鉄は国家なり」といわれた時代がありましたね。そう鉄でした。技術の進歩で金(きん)の生産量も増加してきました。金(きん)の鉱石の品位は0.0003%、銅0.91%、鉛は2.5%、アルミは19%、上述の鉄は40%です。

ダイヤモンドや金(きん)の話となれば、開発途上国がはずせませんよね。その代表する課題が「資源の呪い」です。たとえばボツワナはダイヤモンドが利潤を生んだため、アフリカ最貧国から最富裕国へ、さらには女性の識字率も90%を超える地域もあるといいます。他方、資源産業が「汚職」と深い関係のあることは歴史的に見て間違いないわけで、とりわけ特定の部門=石油・鉱物が紛争の原因となるといいます。国民総生産と一次輸出産品額の比を存在する資源量の指標と考えGDPの割合で35%あたりで、内戦リスクが最高になるという結果を導いたそうです。アフリカなどの内戦は、反乱軍へ資金が流入するからではなく、統治能力の低さでもなく、

資源の賦存量である

と著者は結論づけております。

そこで、本書の第3部(最終部)では、環境及び持続可能な社会への道しるべの提案となります。著者による見解の前にノルウェーのエクソンで社長を務めたオイステン・デール言葉を紹介させて下さい。

市場に真実を語らせない社会主義は崩壊した。
しかし市場に生態系を語らせない資本主義も崩壊するだろう
と。実は産業エコロジーを世界で初めて実践したのが、1971年日本の当時の通産省だそうだ。生態系への影響を制御し、生態系の均衡を保つメカニズムの構築し主眼を置く。それから3.11東日本大震災の際は、資源に対する意識に国民の芽生えたわけであるが、「節電」最近はあまり聞かなくなりました。そして、全米では32の州に557650箇所の休廃止鉱山があり、500億トンのズリが無処理で放置されています。ところ変わって中国では貴州、山西、河南、そして四川省を中心に600年間、水銀を放置した結果、この周辺では土壌中の水銀量が政府の定める許容量の16~232倍にもなっている地域もあるそうだ。

人間を自然から遠ざけてきた産業活動(本書では鉱業)が、どうやって、自然の生態系と結びつくのだろうか??

好むと好まざるとにかかわらず、産業活動は自然に影響を与え、また、その逆もある

生産と消費に忙しすぎる人類にとって産業と自然界の相互作用を制御する事はもはや困難。快適な生活を知ってしまったボク達は、今さら、昔の生活に戻る事はできない。

なので、自然科学は産業システムを取り込まざるを得ない。

と。さまざま産業で「リサイクル」の活動は取り組まれているのは周知の事実ですよね。しかし、アメリカでは1950年代から、金属のリサイクルが伸びており、中には新品の量と拮抗している金属もありますが、新品の消費量は抑制されておらず、むしろ伸びているのが現状です。ただ、ライドシェア(相乗り)を一台導入するごとに新車購入32台分に相当するという米・ジャーナリストもおります。たゆまぬイノベーションが重要です。

とにかく、話題が豊富な本書。また、ネット販売において買い物カゴに入れれば、次の日には手元に届き、物が溢れかえる時代でもあります。どう消費と環境をどのように折り合いをつけるのか。この問題を提起した本書はおススメです。

《A:冒頭の答えはアラスカ州です。世界最大の亜鉛鉱山=レッドドッグ》
この鉱山は、毎年5億ポンドもの廃石や尾鉱を積み上げているとのこと。

皆さんも是非手にとって下さいませ。
記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

ASAMANAマネージャ...

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ